セブ日記2017-08-09 変圧器

このところ停電が多くなってるような気がします。日本では私が子供のころ(40年近く前)はたまに停電がありましたし、関東に住んでいたので、東日本大震災の時の計画停電はまだ記憶に新しいところです。でも普段はめったにおきないですよね。

しかし、フィリピンではまだ停電は日常です。妻の話では近所の停電は計画停電とのことです。急激に発展しているセブでは電力供給量が追い付かないようです。

今住んでいるところはアパートメントで発電機が設置されているので、停電になてもすぐに復旧しますが、以前住んでいた家はそんなものはないので、夜だと数時間真っ暗というのはざらでした。

その家に住んでいたとき、たまたま2階から外を見ていたら、100メートルくらい先にある電柱のトランス(柱状変圧器 ↓これです)

が花火のように火を噴いた!!と思った瞬間、停電になりました。復旧には4、5時間かかりました。火事にならず幸いでしたが、それ以降、道を歩くとき頭上のトランスが気になって仕方ありません。

私はクーラーも冷蔵庫も温水シャワーも使っていないかなりの省エネ生活と自負していますが、それでも停電になるとあらためて電気のありがたみが分かります。

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。毎回押していただくとランキングが上がるので励みになり嬉しいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

にほんブログ村