父のサ高住(サービス付き高齢者住宅)探し。急展開

見学に行ったサ高住(サービス付き高齢者住宅)への入居申し込みの申請を進めていたのですが、ここで問題が生じました。

入居には連帯保証人と身元引受人が必要なのですが、連帯保証人は保証会社に頼むこともできるし私でも大丈夫そうなのですが、身元引受人には年齢制限があって、伯父に頼むことができず私しかいません。しかし、その私も海外在住という状況です。

その点がまだはっきりしません。私もそろそろ一旦セブにもどらなくてはならなく少し焦ってきました。

そんな中、施設の紹介事業者さんの話で、今の住居からは少し遠いのですが身元引受人がいなくても受け入れてくれる「サ高住」があるというので、その場で電話をしてくれたら施設長さんが、大まかな状況を聞いて即「OK」との返事でした。

ただし1名しか空きがないとのこと。このまま最初の「サ高住」の手続きを進めて結局ダメで、こちらも埋まってしまったら、また一から住居探しをしなければならないという最悪の状況になってしまうため、意を決して決めてしまいました。

来週の入居ですが下見をせずの入居にドキドキです。(もっとも正式な契約はその場で行うので、よほどダメだと思うことがあれば断りますが、そうなったらまた一からやり直しです。)

このように書くと早くセブに帰りたいので適当に選んだように見えますが、自分なりに理由があります。これは別の機会に詳しく述べますが施設の紹介事業者の担当者さんを信頼してのことです。

すでに4、5回お会いして間違いはない、信頼できると思えるようになったからです。ただ担当者の方は私に任してくださいというのではなく、「施設は相性というものもあり、もし合わなかったらいくらでもまた次を探します」というスタンスであることも正直で好感がもてました。またその施設の話をしているときの真剣さが伝わってきたのです。

ともかく、この結果は来週またお話しします。

話は変わりますが、あと今日何気なくテレビで観た映画「エイプリルフールズ」は2015年作品、私がフィリピンへ移住した後の作品とのことでタイトルも全く知らなかったのですが久しぶりに面白いと思った作品でした。

日本映画だと「阪急電車 片道15分の奇跡」のように笑えてドキドキして最後にほろっとしてほっこりするような作品が好きです。群像劇はごちゃごちゃしすぎないようにするバランスと、どうしてもでてくるストーリ上のつじつま合わせをあざとくしないようにしなければなりません。しかしながらその辺は観る側の感性に左右される面もあり難しいところですが、この作品は私にはちょうどいい感じでした。

解説を見たら「リーガルハイ」の監督、脚本家コンピ作品のようです。軽快なテンポは納得できました。

今日はこれで失礼します。

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。毎回押していただくとランキングが上がる仕組みになっており励みになり、とてもありがたいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

にほんブログ村