海外在住と親の介護問題(前編)

一時帰国は1週間程度のつもりだったのですが予定外の問題がいろいろ生じて当面の間滞在することになりました。

「予定外の問題」とは「父の借金(銀行カードローン)返済問題」、「以前亡くなった叔母の遺産相続問題」など。

セブでのビジネスは依然役所の事務が進展せずペンディング状態であるのが幸いで?これらの事案に対処するため当面日本に留まることとしました。

『予定通りに物事が進まない』事にはフィリピン生活で随分と慣れてきてあまりカリカリする事はないのですが果たしてこの先どうなることやら不安は募ります。

これらのお話しはおいおいブログでもお話ししていけると思いますが、まずは父に関して「海外在住者の介護問題」を私の経験からお話したいと思います。

今回は短期間のつもりだったのでパソコンはセブに置いてきてしまいタブレットを使っているのですが入力しづらく慣れません。

父の思い出

私が生まれる以前

父は戦中に予科練生となり『紫電改』という戦闘機に乗ったり潜水艇(人間魚雷?)の訓練を受けていたと生前よく話していました。

伯父は以前お話ししたようにフィリピンや満州の戦地に赴いたのですが父はその前に終戦を迎えます。

そして長崎で終戦を迎え(長崎といっても当時は軍港の街佐世保だったので原爆の影響は直接は受けませんでした。)、戦後しばらくは実家で家具職人だった伯父の手伝いをしたりしていたのですがやがて東京に出てきて知人に母を紹介されて結婚したそうです。

子供は私一人でした。母は私が生まれる前に一度流産しているそうで、本当はもう一人欲しかったようですが、もともと体も弱く体力もない母は私を生んだ時点で高齢出産という年齢的なものもあり二人目は諦めたようです。

私の幼少期

一人っ子であった事はその後フィリピンでの大家族生活を選んだことなどに影響を及ぼしていることを感じる時があります。

父がサ高住(サービス付高齢者住宅)に引っ越す際いろいろ整理していたのですが、幼稚園の先生だった叔母(母の妹)が母に宛てた手紙やハガキがたくさん見つかりました。

私が生まれた時や少しづつ成長する過程でアドバイスも書かれており、既に人見知りの傾向が見られたのか『一人っ子という環境なのでなるべく外で友達と交わるような育て方をしたほうが良い』など。

しかしそれに反して私は決して社交的とは言えない内向的な性格が形成されて育っていきます。

父は真逆の性格でした。話好きで初対面だろうがなんだろうが誰とでも臆せず話しができるのです。(基本的には自分の話で相手の話は耳に入らないタイプ)

ケアマネジャーさんの話ではデイケアセンターでも賑やかだったとの事。

少年期から高校まで

今の時代は貧困問題が社会的に取り上げられたりしていますが私が子供の頃は高度成長期で一億総中流、さらにバブルという時代。

父はもともと予科練生である程度は体力学力共に優秀だったと思われるのですが、実家の手伝いのブランクで東京に出てきたのは30代だったせいかいくつか転職したのち守衛となりました。

ですからそれ程いい収入というわけではなく一億総中流の世の中で裕福な家庭ではない事は確かでした。その事が私の進路に影響してくるのですがそれはまた別の機会に。

父は夜勤もあって私が学校から帰ると寝ていることも多く定年退職するまではあまり生活サイクルはあっていなかったような気がします。

母のこと

私は仕事についてからは一人暮らしを始めたので父の定年後は同居しておらずたまに帰るくらいでした。きっと母と二人で穏やかな生活を送っていたのだと思います。

母は私が小学生の頃に乳がんとその後肺がんを患ったのですが、がんは治って私が40歳くらいまで生き、最後は心不全で亡くなりました。

母は父とは正反対の物静かな性格でした。母が亡くなった時の父の様子はとても一人にしておくのが心配なほどで私自身のタイミングもあってその後同居を始めることになります。

認知症発症以前

父も母の死から立ち直りますがやがて私自身が色々な問題を抱えるようになり仕事も辞めることになります。

その時父はもう80歳近くになっていましたがいたって健康で自分は100歳まで生きるとよく言っていたものでした。

確かに大きな病気はしたこともなくやたら塩分をとるにも関わらず血圧もそんなに高くはなく、昭和一桁は凄いとは感じます。

肉はほとんど食べず魚ばかり食べており『天丼てんや』の天丼が大好物でした。

私がセブに語学留学する際もビジネスを始める際もとても元気でスーツケースをひとつ持って空港まで見送りに来てくれたものでした。成田空港第二ターミナルのうどん屋がお気に入りでいつもそこで食べてからお別れしたのです。

この頃は当面は日本とセブと行ったり来たりの生活で大丈夫かと思っていたのですが、やはり年齢的なものは心配で安否確認の意味も含め市の配食サービスを頼んだのですが勝手に解約したりしてました。

理由を聞くと「肉が入っていて食べないからもったいない」との事。介護保険制度の介護予防サービスのなにかでも受けてもらいたかったのですがその頃はそれも嫌だといって断られてしまいました。

そのかわりほぼ毎日電話をしていたので安否確認にもなり、毎日顔を合わせるとけんかもするけれどもセブと日本を行ったり来たりしてたまに会うくらいが結構良かったのかもしれません。

しかし私の方はビジネスを始めてからビジネスパートナーを信頼したびたび不在にしたりしたことがビジネスにおける大きな失敗につながりますがこれは「セブの5年間を振り返る」の最終回「タクシービジネス編」でお話しします。

認知症発症のサイン

2人目のビジネスパートナーが持ち逃げして(本人は否定していますが)いずれにせよセブから離れられない時期に父が認知症を発症したのでした。

電話の異変

毎日電話していたのですが、当時はポケットワイファイを使っていてネット環境は不安定でした。

数日間電話が通じなかったり出てもすぐ切れたり何を言っているかよく分からない状態がしばらく続いたのですがやがて以前のような状態に戻り安心しました。

しかし後になって分かるのですがグループホームに入っていた叔母の施設代の振込もこの時期から止まっており、この時に何かがあったのです。

この頃、私結婚ビザの手続きも始めており移民局にパスポートを預けていたりしており手続きが終わり次第一時帰国することにしたのですが数ヶ月経っても一向に進展せずイライラが募ります。

やっと一時帰国すると明らかに父の様子が少し変であることに気がつきます。

電気代の未払と金銭管理

ようやく一時帰国の目処が立ち飛行機のチケットも取ったら父から「電気が止められた」との電話。電力会社はシビアです。食べて生活するだけなら年金で充分やっていけるはずなのに、金銭管理ができない状況になっていたのです。

叔母の通帳紛失騒ぎ

以前ブログにも書いた話ですが改めて少し触れます。

長崎で認知症でグループホームに入所していた叔母の金銭管理を父がしていたところ毎日のように携帯で相手と怒鳴ったりして何やらやり合っていました。

話を聞くと父は『もう金銭管理はやらないと通帳も印鑑もグループホームへ送った』と言い張っているのですが相手は『受け取っていない』と押し問答になっているらしいのです。

嫌な予感の通りグループホームに電話すると数ヶ月分の費用が未納になっていて困っているとのこと。

父は「郵便局から書留で送った」と言い張るので一緒に言って確かめたらそのような記録はないとの事。

叔母は生活保護を受けていたので市役所の担当者に連絡した上で叔父に連絡し、とにかく一路長崎に向かったのです。

とにかく紛失した郵貯の通帳を再発行しなければなりません。

生活保護費も少額ですが年金もそこに振り込まれているのです。

叔父とグループホームの近くの郵便局に施設長さんと本人を連れて行くも『本人の意思確認ができない』と通帳の再発行はできないの一点ばり。

叔母はもう96歳くらいだったと思いますが日中はほとんど寝ていて全く反応はありません。

結局施設からは離れますが叔父がいつも使っている郵便局で再発行してもらえました。

本来は法律や規則は目的のための手段であるにも関わらずそれ自体が目的になりがちです。文字通りに厳格に運用しないと収拾がつかなくなるという恐れもあるでしょう。でも運用するのは機械でなく人間であってそこを円滑に持っていく知恵や肝があるといいなあと思うのです。

後半は以下のような内容をお話ししたいと思います。

  1. 大事な書類などが捨てられれている
  2. 大量に惣菜を購入して廃棄するなど明らかにおかしい行動
  3. あれほど掃除好きだったのに汚れっぱなし
  4. まずは地域包括へ相談してみる
  5. 困難事例はケアマネさんで事態は左右されることがある
  6. 介護認定(要介護2)での一人暮らし
  7. デイサービス
  8. 家事援助
  9. 一旦セブへ
  10. 私の入院
  11. 火の消し忘れ騒ぎで独り暮らしは無理と判断
  12. サービス付き高齢者住宅紹介業者
  13. 身元引き受け人が海外在住のケース
  14. デイサービス付きサ高住?とは?
  15. 要介護3
  16. 認知症は幸せ?
  17. 要介護5
  18. そして母のもとに
  19. 火葬の手配もサ高住で手配していただく
  20. 納骨と今後のこと

タブレットからだと写真の挿入の仕方がわからない…..悪戦苦闘

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。毎回押していただくとランキングが上がるので励みになり嬉しいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

にほんブログ村