【12月1日から15日までの地域の警戒レベル更新】セブ(フィリピン)のコミュニティ隔離措置の現状(12月1日更新)

12月1日からの警戒レベルの延長・変更が発表されました、フィリピンの感染状況は落ち着いていますが、新変異株の「オミクロン株」による入国規制が強化されています。国内での感染が確認された場合、急遽、隔離措置が強化される可能性があるので、十分に情報確認をするよう注意が必要です。

フィリピンの検疫区分は以前は市町自治体単位でECQMECQGCQMGCQの4段階で、最終的にニューノーマルとしていました。現在は市町自治体単位でレベルを設定し、バランガイや、区画など、更に細かいレベルで必要に応じてロックダウン(封鎖)を行うという方法をとっています。

※なお、内容につきましては、随時変更になったり、情報源によって異なる場合もあります。また、ガイドラインはあくまでガイドラインであり、行政庁の判断により、バランガイ単位等で異なる措置(特定地域における部分的な強化)が行われる場合もありますので、ご注意ください。

当投稿内容においては、このブログのプライバシーポリシーの免責事項に準拠するとともに、自己責任においてお取扱いいただきますようお願いいたします。

以下〔〕内は私による補足事項です。

【新型コロナウイルス関連情報】
在フィリピン日本大使館ホームページ(フィリピン国政府の発表・関連情報等(フィリピンへの入国を予定の方へ

【今回の更新内容】12月1日から12月15日までの地域の警戒レベル

隔離措置の種類

警戒レベル・システムのパイロット
警戒レベル5:症例数が警戒すべき領域に達しており、総病床使用率と集中治療室使用率が危機的なレベルとなっている区域。
警戒レベル4:症例数が多く、および/または増加しており、総病床使用率および集中治療室使用率が高い区域。
警戒レベル3:症例数が多く、および/または増加しており、総病床使用率と集中治療室使用率が増加している区域。
警戒レベル2:症例の伝播が低く,減少している、医療利用率が低い、または症例数が少ないが増加している,さらに症例数が少なく減少しているが総病床使用率と集中治療室使用率が増加している区域。
警戒レベル1:症例の伝播が低く,減少している、総病床使用率、および集中治療室の使用率が低い区域。

(以前の措置)ECQ(Enhanced Community Quarantine) 強化されたコミュニティ隔離措置
MECQ (Modified Enhanced Community Quarantine)修正を加えた、強化されたコミュニティ隔離措置
(セブ州は行政命令により一部自治体にMECQ with Heightened Restrictions(制限が強化されたMECQ(修正を加えた強化されたコミュニティ隔離措置)というECQとMECQの間に相当する区分の隔離措置も用いられている)
GCQ(General Community Quarantine) 一般的なコミュニティ隔離措置 
(現在、GCQ with heightened restrictions〈制限が強化されたGCQ〉というGCQの中で、MECQとGCQの間に相当するという区分の隔離措置も用いられている)
MGCQ ( Modified General Community Quarantine)修正を加えた、一般的なコミュニティ隔離措置 低リスク
ニューノーマル (隔離措置の対象外)各隔離措置の適用地域(10月1日~)

【領事班からのお知らせ】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応について(その182:警戒レベルの延長・変更)(11月29日発表)

【本文】
1 11 月29日、フィリピン政府は、12月1日から12月までのそれぞれの地域のCOVID-19対応のための警戒レベルを以下のとおり延長・変更することを発表しました。

(1)「警戒レベル2」を課す地域
・マニラ首都圏(NCR)
・コルディリエラ行政区域(CAR):ベンゲット州、アブラ州、カリンガ州、バギオ市、マウンテン州、イフガオ州
・地域1(イロコス地方):ダグパン市、南イロコス州、北イロコス州、ラ・ウニョン州、パンガシナン州
・地域2(カガヤンバレー地域):バタネス州、カガヤン州、イサベラ州、ヌエヴァ・ヴィスカヤ州、キリノ州、サンティアゴ市
・地域3(中部ルソン地域):アンヘレス市、アウロラ州、バターン州、ブラカン州、ヌエヴァ・エジハ州、オロンガポ市、パンパンガ州、サンバレス州、タルラック州
・地域4A(カラバルソン地域):カヴィテ州、ラグナ州、バタンガス州、リサール州、ケソン州、ルセナ市
・地域4B(ミマロパ地域):オクシデンタル・ミンドロ州、オリエンタル・ミンドロ州、プエルト・プリンセサ市、マリンドゥク州、ロンブロン州、パラワン州
・地域5(ビコル地域):アルバイ州、北カマリネス州、南カマリネス州、カタンドゥアネス州、ソルソゴン州、マスバテ州、ナガ市
・地域6(西ビサヤ地域):アクラン州、アンティーケ州、バコロド市、カピズ州、ギマラス州、イロイロ州、イロイロ市、西ネグロス州
・地域7(中部ビサヤ地域):ボホール州、セブ州、セブ市、ラプラプ市、マンダウエ市、東ネグロス州、シキホール州
・地域8(東ビサヤ地域):ビリラン州、東サマール州、レイテ州、北サマール、オルモック市、南レイテ州、タクロバン市、サマール州(西サマール州)
・地域9(サンボアンガ半島地域):イサベラ市、サンボアンガ市、北サンボアンガ州、南サンボアンガ州、サンボアンガ・シブガイ州
・地域10(北ミンダナオ地域):ブキドノン州、カガヤン・デ・オロ市、カミギン州、イリガン市、北ラナオ州、西ミサミス州、東ミサミス州
・地域11(ダバオ地方):ダバオ市、北ダバオ州、ダバオ・デ・オロ州、南ダバオ州、西ダバオ州、東ダバオ州
・地域12(ソクサージェン地域):ジェネラル・サントス市、コタバト州(北コタバト州)、サランガニ州、南コタバト州、スルタン・クダラット州
・地域13(カラガ地方):ブトゥアン市、北スリガオ州、南アグサン州、南スリガオ州、ディナガット諸島、北アグサン州
・バンサモロ自治地域(BARMM):バシラン州、コタバト市、タウィタウィ州、スールー州、南ラナオ州、マギンダナオ州

(2)「警戒レベル3」を課す地域
・コルディリエラ行政区域(CAR):アパヤオ州

【関連情報】
●新興感染症に関する省庁間タスクフォース(IATF)(決議第151-C号:警戒レベルの変更
●大統領コミュニケーション・オペレーション・オフィス(PCOO)(マニラ首都圏は引き続き「警戒レベル2」

ガイドライン

コミュニティ隔離措置の内容(ジェトロ資料 9月17日)

フィリピンにおけるコミュニティ隔離措置の最新状況 IATF-EID(新型感染症対策のための省庁横断タスクフォース)の関連決議概要(仮訳)(ジェトロ 9月17日)

【領事班からのお知らせ】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応について(その177:「COVID-19対応のための警戒レベル・システムの全国的実施に関するガイドライン」の変更等)(11月18日発表)
【ポイント】
●11月18日、フィリピン政府は、「COVID-19対応のための警戒レベル・システムの全国的実施に関するガイドライン」を修正することを発表しました。
【本文】
1 11月18日、フィリピン政府は、「COVID-19対応のための警戒レベル・システムの全国的実施に関するガイドライン」を、以下のとおり修正することを発表しました。
(1)政府機関の現場能力は、局所(細分化された)ロックダウン地域を除いて、以下のとおり遵守する必要がある。
・PART I, SECTION[3](警戒レベル4)
 7. 政府機関は、完全に機能し続けるが、少なくとも40%の現場能力を遵守する。
・PART I, SECTION[4](警戒レベル3)
 4. 政府機関は、完全に機能し続けるが、少なくとも60%の現場能力を遵守する。
・PART I, SECTION[5](警戒レベル2)
 4. 政府機関は、完全に機能し続けるが、少なくとも80%の現場能力を遵守する。
(2)警戒レベル3~1の地域でのフェイス・シールドの使用は、雇用主がそれぞれの施設で従業員/労働者および顧客に自主的に要求することは妨げない。
(3)「グリーン」国/地域/管轄区域からフィリピンに入国する、完全にワクチン接種した渡航者は、IATFによって確定及び承認されるガイドラインに従って入国が許可されるものとする。
【関連情報】
●新興感染症に関する省庁間タスクフォース(IATF)
・決議第149号(「COVID-19対応のための警戒レベル・システムの全国的実施に関するガイドライン」の変更等
・2021年11月18日改訂「COVID-19対応のための警戒レベル・システムの全国的実施に関するガイドライン
【以下、新型コロナウイルス関連情報】
●当館ホームページ(フィリピン国政府の発表・関連情報等(フィリピンへの入国を予定の方へ)

【領事班からのお知らせ】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応について(その172:「COVID-19対応のための警戒レベル・システムのパイロット実施に関するガイドライン」の変更等)(11月11日発表)
【ポイント】
●11月11日、フィリピン政府は、「COVID-19対応のための警戒レベル・システムのパイロット実施に関するガイドライン」の、警戒レベル2以下の地域のガイドラインを修正することも発表しました。
【本文】
1 11月11日、フィリピン政府は、「COVID-19対応のための警戒レベル・システムのパイロット実施に関するガイドライン」の、警戒レベル2以下の地域のガイドラインを、以下のとおり修正することも発表しました。
・PART I, SECTION[5](警戒レベル2)
 3. 以下の施設または活動は、完全にワクチン接種された者及び18歳未満の者に対して、ワクチン接種を受けていない場合でも最大50%の定員または屋内収容人数、および70%の屋外収容人数で運営または実施することが許可される。ただし、これらの施設のすべての労働者/従業員は完全にワクチン接種をしており、最小公衆衛生基準(MPHS)は厳密に維持されるものとする。さらに、これらの活動が行われる可能性のある地方自治政府(LGU)からの異議はないことを条件とする。
+++
 m. 非接触運動およびスポーツのためのフィットネス・スタジオ、ジム、および会場。ただし、顧客を含めフェイス・マスクの着用し、DTIのプロトコルを遵守する必要がある。
2 さらに、限定的な対面トレーニング及び評価プログラムは技術教育およびスキル開発局(TESDA)のガイドラインが適用され、警戒レベルに基づいて、次のようなプロトコルが実施されることも発表しました。
(1)警戒レベル5の場合:対面は許可されない。
(2)警戒レベル4~1の場合:最低限の公衆衛生基準に従って、50%~100%の会場容量が許可される。
【関連情報】
●新興感染症に関する省庁間タスクフォース(IATF)(決議第148号(「COVID-19対応のための警戒レベル・システムのパイロット実施に関するガイドライン」の変更等(A. 2. 3.)
【以下、新型コロナウイルス関連情報】
●当館ホームページ(フィリピン国政府の発表・関連情報等(フィリピンへの入国を予定の方へ)

【領事班からのお知らせ】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応について(その171:NCRの警戒レベルの変更、及び「COVID-19対応のための警戒レベル・システムのパイロット実施に関するガイドライン」の変更等(11月4日発表))

2021/11/5【ポイント】
●11月4日、フィリピン政府は、11月5日から11月21日まで、マニラ首都圏(NCR)における警戒レベルを、「レベル2」にすることを発表しました。
●また、「COVID-19対応のための警戒レベル・システムのパイロット実施に関するガイドライン」の、全ての警戒レベルの下で許可される人の移動に関する内容を以下のとおり修正することも発表しました。
【本文】
1 11月4日、フィリピン政府は、11月5日から11月21日まで、マニラ首都圏(NCR)におけるCOVID-19対応のための警戒レベルを、「レベル2」にすることを発表しました。
 ただし、2021年12月1日以降の警戒レベルは、毎月15日、30日に決定されます。また、警戒レベルの変更は、いつでも行うことができ、2週間の評価期間終了後に実行されます。
2 また、「COVID-19対応のための警戒レベル・システムのパイロット実施に関するガイドライン」の、全ての警戒レベルの下で許可される人の移動に関する内容を以下のとおり修正することも発表しました。
・PART I, SECTION[4]1.(警戒レベル3)
 各警戒レベル・隔離措置地域内及び地域間の移動は許可されるが、地方自治政府(LGU)によって制限が課される可能性はある。ただし、18歳未満の人及び感染リスクが高い人の移動は、必要不可欠な商品を購入するため、または労働法、規則に従って許可された職業の人は許可される。
 また、合併症やワクチン接種の状況に関係なく、全ての年齢層に屋外運動も許可される。
・PART I, SECTION[5]1.(警戒レベル2)
 各警戒レベル・隔離措置地域内及び地域間の移動は許可されるが、LGUによって制限が課される可能性はある。
・PART I, SECTION[6]1.(警戒レベル1)
 各警戒レベル・隔離措置地域内及び地域間の移動は、年齢や合併症に関係なく許可される。
【関連情報】
●新興感染症に関する省庁間タスクフォース(IATF)
決議第147号(NCRの警戒レベルの変更等)
・2021年11月4日改訂「COVID-19対応のための警戒レベル・システムのパイロット実施に関するガイドライン
●大統領コミュニケーション・オペレーション・オフィス(PCOO)(11月5日からNCRの警戒レベル2
【以下、新型コロナウイルス関連情報】
●当館ホームページ(フィリピン国政府の発表・関連情報等(フィリピンへの入国を予定の方へ)

その他

海外滞在者の運転免許証の更新等に係る特例について(9月29日発表)

【領事班からのお知らせ】海外滞在者の運転免許証の更新等に係る特例について
【ポイント】
 このたび、警察庁より、運転免許証の更新について、海外に滞在されている皆様が活用可能な手続の一覧が公表されましたので、お知らせいたします。
【本文】
 海外に中長期にわたり滞在されている方におかれましては、今般の新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大の状況において、日本の運転免許証の更新に関してお困りのこともあろうかと存じます。
 このたび、警察庁より、運転免許証の更新について、海外に滞在されている皆様が活用可能な手続の一覧が公表されましたので、お知らせいたします。

警察庁ホームページ「海外滞在者の自動車運転免許証の更新等に係る特例について」https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/menkyo/kaigai_tokurei.html
 
<措置のポイント(一部抜粋)>
・海外赴任中の方は、更新期間前でも、一時帰国の際に更新することができます。(リンク先画像2枚目)
・期限内に更新できなかった場合でも、以下の2つのいずれかにより、帰国後スムーズに免許の再取得ができます。
(1)免許が失効して帰国した際も、外国で免許を取得している方は、視力など簡単な検査のみで日本の免許を取得することが可能です。(画像3枚目)
(2)外国で免許を取得していない方は、失効後3年以内で、帰国後1ヶ月以内であれば、更新と同じ手続で免許を取得することが可能です。(画像4枚目)
・また、外国等で取得した国際運転免許証等を所持することによって、日本の免許を受けることなく(日本に上陸したときから1年間)、日本で運転することが可能です。(画像4枚目)
・これらに加え、新型コロナウイルス感染症対策の一環として、有効な運転免許証をお持ちの方は、事前に郵送等で申請いただくことで、運転・更新可能期間を3ヶ月間延長することも可能です(繰り返して申請することも可)。(画像2枚目)

感染症情報】フィリピン在住の日本人を対象とした新型コロナ・ワクチン接種(新型コロナ・ワクチン接種希望登録サイト、18歳以上の受付終了)

【ポイント】
●フィリピン在住日本人の新型コロナ・ワクチン接種を希望される方のための登録サイト(フィリピン日本人商工会議所、マニラ日本人会)に関し、11月11日(木)をもって、18歳以上の方の登録受付を終了します。
【本文】
1 フィリピン在住の日本人の方に対して、日本承認済みの新型コロナ・ワクチン接種機会を提供するため、フィリピン日本人商工会議所及びマニラ日本人会の協力の下、邦人ワクチン事務局を設置しました。また、フィリピン政府及び地方自治政府(LGU)の協力を得て、フィリピン政府が実施する新型コロナ・ワクチン接種事業の枠組みで、マニラ首都圏(パラニャーケ市、タギッグ市)及びセブで集団接種を実施いたしました。
フィリピン国内においても日本承認済みのワクチンの接種機会が一定程度確保できていること、また、現下の感染状況に鑑み、この度、フィリピン日本人商工会議所及びマニラ日本人会のサイトに設置していた、ワクチン接種を希望される在留邦人の方のための登録サイト(フィリピン日本人商工会議所(https://www.jccipi.com.ph/jccipiwork/2021_vaccination/
)、マニラ日本人会(https://jami.ph/ )に関しまして、11月11日(木)をもって、18歳以上の方の登録受付を終了します。
未登録の在留邦人の方のうちワクチン接種を希望される方は、11月11日(木)までに下記の登録サイトから御登録ください。
【邦人ワクチン事務局登録サイト】
●フィリピン日本人商工会議所
https://www.jccipi.com.ph/jccipiwork/2021_vaccination/
●マニラ日本人会
https://jami.ph/
2 なお、これまでに登録サイトに登録いただいた中で集団接種の機会が提供できてない方及び本領事メール受信後に新規で登録された方につきましては、ワクチン接種の機会を提供できるよう、引き続きお住まいの地域を中心に、フィリピン政府及びLGUと個別に調整します。
3 お問い合わせ先
邦人ワクチン事務局問い合わせ専用窓口
●電話番号: Globe: 0945 394 0668
Smart: 0968 694 3139
受付時間は、月~日の午前9時~午後5時 
●メールアドレス: vaccination.philippines.japan@gmail.com
 暫くお時間を頂く場合がありますが、順次内容を確認させていただきます。
 休日夜間の大使館緊急連絡先電話(邦人援護ホットライン)では本件についての質問等は受け付けておりませんので、連絡は御遠慮ください(本来の緊急連絡受付業務に差し障りが出ると判断される場合は、こちらから切らせていただく可能性があります)。

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。毎回押していただくとランキングが上がる仕組みになっており押していただくと励みになり、とてもうれしいです。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

にほんブログ村

 

ユーチューブ動画を始めました

サイドのヴィジェットに動画のリンクを貼っています。チャンネルのリンクはこちらです。

https://www.youtube.com/channel/UCZKEeLFKhauD6fUFDSs_pgA

よろしければチャンネル登録、グッドボタンをお願いいたします。