ドライバーがチキンファイトで逮捕されてしまいました

久しぶりの更新です。今回も「5年間のセブ生活を振り返る」はおやすみしてちょこっと別のお話を。

体調不良

年明けに風邪をひいて以来、熱は下がったのですが咳はとまらずめまいと体がだるいという状態が依然続いておりましたが、やっと咳もおさまってきました。

私自身10年ほど前に半年近く病気休職したことがあり、以来体調を考えながら5年ほど仕事をつづけました。退職した理由の一つは仕事と体調のバランスが限界にきたことでもあります。

日本ではセンター試験が終わりましたが私は以前大学で事務をしていたこともありました。その時にセンター試験の実施事務もしてたことがあります。初めて英語のリスニングテストが導入された時期です。

前日から泊まり込んで当日に雪が降って朝一番で雪かきしたのを思い出します。職場の人数も少なくセンター試験から3月にかけての時期は激務でインフルエンザにかかろうが一日たりとも休むと支障が出るのでものすごいプレッシャーがありました。

他の部署でも「帯状疱疹で激痛で動くのもしんどい状態でタクシーを使ってでも出勤したこともあったなあ」などと思い返すと、収入は激減しましたが今は具合が悪ければ仕事を気にすることなくゆっくり休めるのはある意味贅沢な暮らしかもしれないな、と思ったりしています。

ドライバーがチキンファイトで逮捕された話

ちなみにこれは前回のブログでお話しした1月1日にドライバーたちの家に行った時の模擬チキンファイトの写真です。

この時訪れたのとはまた違うドライバーなのですが奥さんから電話があって2,000ペソ貸してほしいというのです。

奥さんの話ではチキンファイトを見ていた(参加していた?)ら一斉検挙で逮捕されたとのこと。

カミさんの話では私の近所でもつい最近取り締まりがあって8人くらいいっぺんに捕まったそうです。

私も帰り際に人だかりがあって覗いてみたりすることもあったのですが巻き込まれるかもしれません。気を付けなければ。

フィリピンで特に気を付けなければならないのは犯罪に巻き込まれることです。ちょっと知り合った相手にモノを運んでくれと頼まれたら麻薬だったとか、外国人の場合は捕まって裁判にでもなると出国許可がおりなくなるのが結構厳しいです。

また犯罪でなくとも経営者側にいると従業員からDOLE(フィリピン労働雇用省;Department of Labor and Employment)に訴えられて出国停止になるケースもあるので外国人は注意が必要という話は以前もしました。

さてチキンファイトはこれまでも違法ですが庶民の娯楽として半ば公然に黙認されていた面もありました。しかし今後は厳しくなっていくと思われます。

普通だと逮捕されたら雇用関係に準じてドライバーとの契約も解除にすべきところですが、まだまだ一般的にはグレーゾーンと認識されていることも考慮して処遇についてはカミさんともよく相談して決めたいと思ってます。

ともあれ他のドライバーたちには十分注意するように周知しました。

追突してバックレた相手のLTOの第一回聴聞会

前にお話しした私のところのタクシーに追突した相手が警察の事情聴取を受けながらバックレてしまった件です。

LTOに申し立てをして第一回目の聴聞がありカミさんが出席しました。相手は予想通り出席せず、あと二回欠席したら免許証取り上げの手続きが取られます。相手は車を使って事業をしているようなので応じてくるのではないかとも思っているのですがどうなるかわかりません。

ただ、フィリピンではビジネス、プライベートに限らずトラブルによる殺人のニュースはひっきりなしですからちょっと極端な例ではありますが相手には気を付けなければなりません。

まだビジネスを始める前ですが「夫が外国人で妻がフィリピン人でフィリピンでビジネスをしている家族なのですが、奥さんが従業員からの借金の依頼を断ったことからトラブルになって夫が海外に渡航中に現金を強奪されたうえその奥さんと子供が殺され受水槽か何かに捨てられる」という事件があったというニュースをまだ結婚する前のカミさんから聞きました。

結構ショッキングな話でそんなことで従業員に殺されるなんて「フィリピン怖っ」と思ったものです。結局、そののちフィリピンの「明るさ、おおらかさ、ゆるさ」にひかれて移住したわけですが一方ではそういった暗の一面も気に留めています。

特に交通事故の相手など面識のない相手はどんな人物か見極めが必要です。

ビジネスに関していえば行動に問題のあるドライバーを解雇(契約解除)しなくてはならない時などまもあるのですがとにかくピースフルに解決するようにカミさんに話しています。

とはいえビジネスにしろプライベートにしろ、時には強く押さなければならない場面もあり、そのバランスは難しいところです。

国民的ヒーローのパッキャオ

「パッキャオが【仮想メイウェザー】ブローナーに判定勝ち どうなる再戦の行方」(Yahooニュース) https://news.yahoo.co.jp/byline/kimurayu/20190121-00111806/

パッキャオはフィリピンでは知らぬ人はいないボクサーです。40歳にして現役でありながら国会議員でもあり、映画の俳優とマルチで活躍しています。将来の大統領候補の一人でもあります。

その知名度は100%ではないでしょうか。日本ではかつては長嶋茂雄など老若男女国民のすべてが知っているヒーローがいましたが、今はそのような人物はいるだろうか?と思うとなかなか思い浮かびませんね。

タクシービジネスを始めて間もないころ日本に帰国中にビジネスパートナーから「今日はパッキオの試合があって街中には誰も人がいなくて稼ぎにならないのでバウンダリー(料金)を下げてくれとドライバーたちが言っている」とメールが来たことがあります。

当時は私は実はパッキオの名前も知らなかったので状況がよくわからずビジネスパートナーの判断に任せたのでした。

実際、ウィキペディアには『ミンダナオ島ではフィリピン国軍とイスラーム反政府組織による紛争が起きているが、パッキャオの試合が行われる度に「皆でパッキャオを応援するべきだ」という理由で双方が戦闘を見合わせて、テレビの前でパッキャオを応援していることが話題になった。』というエピソードもでています。

後になって思ったのは、確かにパッキャオの試合の視聴率はものすごいのは確かなのですが、ようはドライバーが試合を見たかっただけでないのかということです。

ともあれフィリピンに来ることがあるようでしたら名前だけは覚えておいて損はないと思います。

大富豪死去のニュース

フィリピンの大富豪ヘンリー・シー氏(フィリピンの財閥SMインベストメンツ創業者)は19日に94歳で死去と報じられました。

1924年、中国福建省生まれ。12歳でフィリピンに移住し、58年に首都マニラで靴店を開業し、一代で事業を拡大させ「SMモール」などの商業施設を全国展開したほか、不動産業や銀行業も手掛けた。とのことです。

SMはシューマートの頭文字で事業のスタートの靴店からきています。

米経済誌フォーブスによるフィリピンの長者番付では11年連続首位で、資産は推定約190億ドル(約2兆1000億円)、世界では53番目とのこと。

ウィキペディア(英語版)https://en.wikipedia.org/wiki/Henry_Sy

中国国籍からフィリピン国籍に変え、一代で財閥まで築き上げたサクセスストーリーです。

フィリピンの財閥については別の機会にまとめたいと思うのですが、アヤラなどのスペイン系と華僑系が多くを占めているそうです。ちなみに私が以前住んでいたアパートも中国人系のオーナーでセブ各地に多くの物件を所有していました。

最近こんな記事がありました。「フィリピン人は、日本人や中国人のことをどう思っているのか=中国メディア」(ニフティニュース) https://news.nifty.com/article/world/sech/12190-20181231_00033/

中国メディア・東方網の記事によると、「フィリピン人は中国人に対しては『有銭』(お金を持っている)という2文字で形容し商売上手だと考えており、中国人観光客が多額の消費をするだけでなく、現地での投資を行い、工場や商店を経営しており現地人に多くの雇用機会をもたらしてくれているとも思っている。またお金をたくさん持っているうえに商才に長けている中国人は、フィリピンにおいて大いにリスペクトされ、優遇を受けていると結んでいる。」なのだそうです。

一方こんな記事もあります。「『出稼ぎの国』フィリピンが中国人労働者であふれる理由」(フォーブス)https://forbesjapan.com/articles/detail/24636

中国人がリスペクトされているかどうかはよく分かりませんがフィリピンで多くの財閥が華僑系であることからも、異国の地ではいろいろな面でしたたかさも必要であり、かつ商才にたけているというのはまぎれもない事実なのでしょう。

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。毎回押していただくとランキングが上がる仕組みになっており励みになり、とてもありがたいです。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

にほんブログ村

 

2 件のコメント

  • 独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。 より:

    >DOLE(フィリピン労働雇用省;Department of Labor and Employment)

    ここは調停機関で、オーナー側に「どうですか~示談金払ったら~~」等と安易に示談を勧めます(これが組織の点数になる)悪いレーバー連中は、こういう情報を得てるので訴えれば示談金が入るということでやるのです。

    うちは、2回訴えられたが「1度目は驚いて弁護士と元国軍の兵士で殺人経験がある知り合い。更にうちの従業員らを多数連れて機関に行き」相手のクソ野郎がシャブ常習者で有ることなど他の従業員から情報を得て<<オメエは、シャブで頭イカレテル野郎だ!!クソ野郎、、、>>など担当者の前で脅かすと一気に怖気づいていた>>人相もイカれている=妻と一緒に来てた(これで銭が取れると喜んで)

    そして、示談金などペソも払わないわ!! 文句なるなら裁判で訴えろと言ってやると、それっきりオシマイ。

    2度めは、慣れてるので弁護士など不要で運転手2人と同行して「オメエみたいな能無し野郎使えねえ!!=こいつは能力がない壊されるダメージされた」などと恫喝。文句なるなら裁判で訴えろ!!

    上記、機関ではあくまで調停だけ、まとまらなければレーバー側が弁護士雇い裁判する必要がある。連中など裁判費用など出せない。たかが3000ペソ~1万ペソの賠償金で弁護士費用25000ペソなど払い、1~2年以上も争うなどできない。

    余程の、重大ケースで賠償金が膨れる金額でなければ弁護士も、こんな事案など誰も低受けない。

    一番悪いのは、<<自分に非がない>>にもかかわらず驚いて安易に示談に応じること。連中をつけあがらせるだけ。

    原住民の場合、オーナー側が悪質で労働者が泣き寝入りすることが有るのでレーバー救済機関があるが、悪質レーバーによる恐喝方法に利用されるケースも多い。毅然と対応することが肝心だ(慣れない場合、弁護士や仕事人を同行させたほうが良い=仕事人’は顔を覚えらせるために連れて行く。万が一、危害を加えるなどしたら始末する用意)

    例の、日本政府の韓国戦時晩春付、ニセ徴用工問題、レーダーロックオンなどの腰抜け対応をすると海外ではどんどんやられる虞がある。これは法人、個人でも同じ。

    在住25年より

    • ブログを読んでいただきありがとうございます。フィリピン在住25年とのことで大先輩ですね。
      DOLEに関しては私がまだビジネスを始める前で右も左もわからない頃ですからもう4年以上前で記憶の範囲なのですが、ふとしたきっかけでマニラで活動されている日本人弁護士の方のビジネスセミナーに参加する機会がありました。受講者は主に日本企業の駐在員の方だと思います。その中で従業員にDOLEに訴えられた場合に責任者だと思いますが日本人が出国できなくなる措置が取られるケースがあって実際に何人もの日本人がその状況にいるというものでした。訴えられる理由としては法律で義務付けられているSSSなどの手続きがなされていなかったり最低賃金や不当解雇の訴えだったりといったものだと思います。その弁護士さんの話は労働法などの解説とともに大事なのは例えば解雇する場合もその根拠となる記録をしっかり残しておくことなどだったと記憶しています。
      おっしゃるように一番大事なのはもちろん「自分に非がない」ようにしておくことで、そうであればあとは毅然とした態度をとることが大事なのだろうと思います。
      フィリピンでは特にビジネスは日本とは全然異なる類のトラブルも多く、また外国人ということで付け入れられたりするケースなど、多くの日本人が苦労してきたのだろうと思う時がよくありますし自分の経験不足も痛感しています。今後ともよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください