Grab VS Micabそしてツーリストレンタカー事業に向けて

私自身のICUへの入院や父のサ高住への引っ越し、家の引き払いなど前回、昨年9月から11月にかけての日本への一時帰国は怒涛の展開でした。

セブに戻ったのが11月ですから早いものではや8カ月が過ぎましたが、ようやく一時帰国の目途が立ちました。チケットを取ったら帰国の途につきます。

今日は、フィリピンのタクシー業界に導入されたものの課題となっている配車サービスとこれから準備を始めたいと思っているレンタカービジネスについて少しお話ししたいと思います。

Grab VS Micab

ライドシェア及び配車アプリについてはシェアリングビジネスについての話しの中で触れたところです。

フィリピンを含む東南アジアではライドシェア事業においてUber(ウーバー)とグラブ( GrabTaxi Holdings Pte Ltd)という配車アプリサービス事業者が競っていましたが、ウーバーが撤退したことによりグラブが一人勝ちの状況となっています。

とはいってもウィキペディアによれば孫社長の「ソフトバンク」はグラブの主要株主でありUber(ウーバー)の筆頭株主でもあるようです。敵対ではなく戦略的にシェアしたのかもしれません。

配車アプリは自家用車を利用したライドシェアの配車アプリとタクシーの配車アプリの二種類があります。

Uber(ウーバー)はもともとは2009年にアメリカでライドシェアの配車アプリ事業からスタートしました。一方のグラブは2011年にシンガポールでタクシーの配車アプリ事業でスタートしました。

Uber(ウーバー)はシェアリングエコノミーの理念から、グラブはシンガポールの劣悪なタクシー事情を何とかしたいという必要性からとそれぞれの企業の生い立ちは異なるようです。

このためフィリピンにおいてはUber(ウーバー)がライドシェアの配車アプリ事業のみを行っていたのに対し、グラブはライドシェアとタクシー配車の両方の事業を行っていました。

グラブが始めたタクシー配車アプリ事業のシステムは、まずオペレーターがタクシーにWi-Fiシステムを設置し、ドライバーがグラブに登録して売り上げに応じた手数料を支払うというものでした。

タクシービジネスを始めて最初のころに加入を検討したこともあるのですがドライバーが毎日現金をグラブの支店に支払わなければならないという手間と手数料に対し、配車アプリによる収益増は割が合わないと思い断念しました。

現在のセブでは日曜祝日以外は「流し」でもほとんど空車の時間なく乗客を見つけることができるのでそれほどのメリットは感じられませんが、今後は「配車アプリ」の割合は確実に増えていくでしょう。

グラブタクシーを利用する場合、通常料金はメーターより料金が高く設定されています。日本でも配車の場合は送迎料金が上乗せされる場合がありますが、グラブの場合オペレーターやドライバーに還元される訳でもないし合法的なのか疑問に思っていました。

今年、全タクシーにドライブレコーダーとWi-Fiシステム及びGPSが義務付けられた際にタクシー業者は配車アプリ事業者のグラブとMicabのどちらかを選択するとされました。

1台あたり1万ペソ位の費用負担になりましたが、当局はこれらの事業者を通じて情報を得て交通行政に活かすとのことでした。

その時私はてっきり実績もあるグラブを選択するかと思ったのですがカミさんの意見はMicabでした。結局多くの事業者はMicabにしましたがこれには事情がありました。

グラブによるほぼ独占状態でいくつかの問題が懸念されています。

MicabuのCEOがグラブに対し営業妨害を訴えています。「Micab CEO claims Grab PH behind ‘phantom bookings’ on its platform

300以上の偽アカウントから「Micabu」に登録しているドライバーにフェイクの予約を入れブッキングをしてはすっぽかすという行為が繰り返さおり、その数は6月以降で2900件以上にのぼるとのこと。さらにすっぽかされたドライバーに対しグラブへの移行の勧誘もかけているとのこと。

フィリピンでは携帯はプリペイドが主流で40ペソ位でSIMを買えば簡単に異なる電話番号の偽アカウントが作れてしまいます。

ちなみ記事のタイトルにあるplatform(ファントム)は「オペラ座の怪人」の現代の「The Phantom of the Opera」のファントムですが英語の意味は幻、幻影や幽霊、お化けといった意味があります。

また、グラブが設定した1分あたり2ペソの料金が違法なオーバーチャージだとしてLTFRBが1,000万ペソの罰金を課したというニュースもありました。

Grab Philippines appeals P10-million penalty over ‘illegal’ P2-per-minute charge 」(manilastandardnetから)

Grab asks LTFRB to reconsider P10-million fine」(BusinessWorldから)

グラブがどうのというより資本主義経済社会においては1社独占ではなく競争があったほうが好ましいのは確かです。

先ほども少し触れましたがウーバーとの東南アジアでの配車アプリの覇権争いに勝利したグラブはソフトバンクと世界第二位のユニコーン企業でもある中国の配車アプリ事業者である滴滴出行が主要株主でもあります。

フィリピンでそれに立ち向かうのは(マニラではなく)地方都市セブに本社を置くローカルベンチャー企業の「MIcab」ということで、地元でもあり、また日本人的な判官びいきで応援したくなります。

グラブに対する不信感なども含め諸事情から多くのタクシーオペレーターは「Micab」に加入することになりました。行政もグラブの一人勝ちは望んではおらず、ほかにも新興の配車アプリ事業者が参入してくるのではないかと思われます。

いずれにせよ最終的には利用者にとって有益となる方向に向かってもらいたいと願っています。

旅行レンタカー事業

レンタカー事業を始める準備

私は公務員を早期退職してセブに移住しました。公務員生活を定年退職まで続けたなら(年金制度についてはいろいろ言われてはいますが)恐らくは金銭的には不自由なく老後を送ることができたと思います。

ですが今は多少貧しくとも適度な刺激があってゆったりとした生活ができればいいという気持ちで今の生活を選択したことを後悔していません。

ですからセブでビジネスをするにあたってもさきほどのMicab VS グラブのような、あるいは日本でも多くの経営者やビジネスマンが向き合っている生き馬の目を抜くような熾烈な競争のビジネスの世界は初めから無理だと思っています。

マイペースで分相応に身の丈に合わせて無理をせず欲を出さない、その範囲でそのビジネスで自分のまわりの人たちの生活が安定しハッピーになり、自分も夢をもって着実に一歩ずつ歩んでいき、ほどほどの利益が後からついてきたら幸いと思っています。

日本でのビジネスの経験もないド素人が始めたタクシービジネスも5年目になりフィリピンビジネスの洗礼も受ける中で楽しさも知りようやく形になってきたところです。

次は一歩進めて観光レンタカー業に広げ、最終目的である「中期・長期滞在サポート(アパートメント)及びゲストハウス」事業につなげていきたいと思っています。

ゲストが利用するにあたっては少人数だとタクシーの借り上げでもいいのですがやはり10人以上乗れるバンがあると便利だと思っています。

旅行業用車(ツーリストバン)を営業するためには観光省のツーリストバンの許可(フランチャイズ)が必要になります。ツーリストバンは数年前に調べた時は5台以上でないと許可されなかったのですが今は10台になりました。

10台の車両を揃えて事業を始める余裕はありません。最近他のタクシーオーナーと知り合いになったのですがレンタカービジネスもしていて何人かが集まって共同事業主になってフランチャイズを分け合っているとのことでした。

信頼できる共同事業者(パートナー)を見つければ参入できるかもしれません。

違法営業でないこと

以前のブログでも触れましたが日本では中国人による白タク行為が問題となっています。中国のアプリでブッキングして中国人の無許可営業の車(白ナンバー)で観光客を乗せガイドをするものです。また一部報道によると車だけではなく、宿泊先や土産屋まですべて違法中国人事業者によって仕切られ日本には全くお金を落とさないようなケースもあるとのことです。

これらはかなり組織的に大規模に行われているようです。フィリピンでも日本人がガイドをしたり車を使ったツアーを行っているケースがあるようですがHPに営業許可等の表示が無いものも見受けられます。

所在地がマニラなので私は直接は知らないのですがネットで検索すると「ACCESS TRIP TRANSPORT」という会社がありました。

その会社のHPには「当社レンタカーは、すべてD.O.T(フィリピン観光省)、LTFRB(陸上輸送許可管理委員)の公認レンタカーで、ナンバープレートも営業許可プレートです。他社の多くは自家用ナンバーで、違法のレンタカー営業されていますが、保険も自家用と営業用とでは違い、トラブルがあった場合保障もありませんのでご注意下さい。」また、ガイドについても「当社の現地STAFFはD.O.T(政府観光局)のライセンスを持ったガイドです。」とあります。

日本で観光業を行う場合、誰でもできるという訳ではなく行政の許可が必要です。少し前に自治体が主催するツアーが旅行業法に抵触して違法ではないかというニュースが話題になりましたがそれくらい厳しいものです。

フィリピンにおいても外国人が就労許可や営業許可なく違法に観光業を行うのは問題です。

日本人観光客からしたら「そもそも空港からのタクシーさえ安心して乗れない。大手旅行会社だととても高い。フィリピンの事業者だとぼったくりだとかトラブルに巻き込まれるのが怖い。同胞の日本人なら安心。それならまずフィリピン政府は観光ビジネスを真っ当なものにしてからいってくれ」と文句を言いたくなる気持ちは分かるのですが

違法は違法であり、それがもとでトラブルに巻き込まれないとも限りません。

フィリピンでビジネスを始めると悩まされるのは行政のいい加減さいと厳しさの二面性です。違法行為でも賄賂を出せば何とかなる場合もあればそうならない場合もあります。日本人によるビジネスでも2015年にセブで日本人約60人が不法就労で逮捕される事件がありました。

英語留学を無料で受講できる代わりにコールセンターで働いていた日本人が無許可の不法就労とされたものです。当時のニュースによればその事業者は「事前に監督官庁から違法ではないとの了解を得ていた」とのコメントをしていたようですが、それが事実だとしてもこのような結果になるのがフィリピンビジネスの怖さです。

話はそれますがこのシステムは一見得なように思えますが、素朴な疑問があります。受け入れの企業や英語学校はボランティアではなくそれぞれ利益を得てると思うのです。仕事で本来もらえるはずの給料を授業料に充当しているだけの話だと思うのですが、通常フィリピンで働くより日本でアルバイトしたほうが給料額は高いと思うので(そうでなければフィリピンで日本人を雇うメリットは無いのでは)、日本で働いて学費を稼いで普通に留学したほうが効率的だと思うのですがどうなのでしょう。

せっかく留学するのなら集中して勉強した方が用いように思えるのですが。仕事を探す手間がかからないという点と不況などで日本で仕事がない時期であればメリットはあるかもしれません。これはあくまで素朴な疑問のつぶやきです。

なお、フィリピンでは6カ月を超えない範囲で就労を希望する外国人は入国管理局(Bureau of Immigration)発行の特別就労許可(Special Work Permit:SWP、3カ月有効で1回限り延長可能)を取得する必要があります。

6カ月以上の就労を希望する外国人は、労働雇用省(Department of Labor and Employment:DOLE)発行の外国人雇用許可(Alien Employment Permit:AEP)を取得しなければなりません。

これらはあくまで就労許可で、そのうえで就労ビザを取得する必要があります。

信頼できる会社であること

フィリピンではあらゆる業種で信頼できる業者を見つけることに苦労します。日本であっても生活の中で、時々サービスや対応が悪かったりと質の悪い業者にあたったり、場合によっては詐欺にあったりすることはあります。

今の日本企業でも時折問題になりますが誠実な仕事をするという当たり前のことが欠けていてはならないと思います。しかし経営者が誠実であってもスタッフに裏切られる可能性もあります。

セブにはタクシーの共同事業組合があります。ウッドラスコとシートラスコというのですが、組合がフランチャイズを持っていて組合員が事業を行うものです。最近のフランチャイズの高騰により安価に事業を始めることができます。私も1台加入しています。ところが、昨年経理担当者が持ち逃げしてしまったのです。日本でも経理担当者による横領のニュースはたまに聞きますがビジネスを始めて数年の私が当事者になる位ですから発生率は日本より高いと思われます。

私が以前住んでいたアパートは結構大規模ですが家賃はオーナー自ら集金していました。それ位でないとダメなのかもしれません。お客さんから得た収入を持ち逃げされて会社が潰れてしまったら大変です。

信頼できるドライバー

タクシービジネスを始めて最初の新車でわずか1カ月そこらで大きな事故を起こしたドライバーは結局バックレてしまいました。それ以降如何にしてグッドドライバーを雇うかに苦心してきました。「タクシービジネスの成功及び失敗はドライバーによる」というのはいろいろな方から受けたアドバイスです。

まず事故を起こさない安全運転ができることが重要です。前にもお話ししましたがフィリピンではタクシードライバーになるためのプロフェッショナルライセンスはお金さえ出せば運転技術などどうでも取得できてしまいます。安全運転という意識も決して高くないように思います。

以前リタイアメントビザを取得した方から聞いた話です。セブでレンタカーを頼みお一人で観光されていたそうなのですが夕食の時にドライバーもレストランに誘ったら友達もつれてきていいかと聞かれOKしたところ総額1万ペソ近くかかったそうでした。ぼったくりか最高級の料理か、ちなみに私がセブに来て一番高かった料理でも大人5人で3,000ペソ以下です。

誠実さ、勤勉さと運転技術を兼ね備えたドライバーを探す必要がありますがこれはタクシー事業の経験を生かせると思います。

優秀なガイド

フィリピン人は陽気な性格の持ち主が多くそういった意味では接客向きの人材が多いような気がします。

陽気なだけでなくマナーを守ったしっかりした接客ができることはもちろんですが、フィリピンでは「時間を守る」、「些細なことで仕事を辞めたりしない」という人材をみつけるのも結構大変です。優秀だなあという思える人は大抵すでにいい企業などに就職しています。

フィリピンでは6カ月の試用期間が終了したら一度解雇し、期間を空けてまた採用するというENDO(end-of-contract)というシステムが一般化しており、従業員のモチベーション低下を招いているという雇用主側の問題もあります。日本でも非正規雇用労働者の雇止めが2018年問題としてニュースなどで取り上げられていますね。

以前にブログで紹介した大家族のドライバーのリチャードの長女は今日本で働いています。下の写真の次女は今年高校を卒業し現在カレッジに通学しています。三女は今高校三年生ですが成績優秀で奨学生なので来年は大学を目指すでしょう。3人とも才色兼備で性格もいい美人姉妹で将来が楽しみです。

三姉妹の今後は分かりませんがツーリストバンやゲストハウスの計画を進めてタイミングが合えば彼女たちをスカウトしてガイド等のスタッフを頼めたらなあと密かに思っています。

↓リチャードの次女の写真です。一応ジャパニーズスタイルだそうですが日本人から見るとジャパンではないです。日本では成人年齢が法改正されましたがフィリピンの法律では従来から18歳が成人で、お金持ちは盛大なパーティをします。彼女の場合は多くの兄弟姉妹もいてそういったことはできませんが、高校の卒業記念と成人を記念してこういった写真を撮るのも一般的のようです。

次回は日本からになると思います。日本は全国的に暑いみたいですね。皆さま体調にお気を付けください。

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。毎回押していただくとランキングが上がるので励みになり嬉しいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

にほんブログ村